社内公用語 英語企業で すぐ使える「会社訪問での英語表現」4

前回の記事はコチラ

1.販売網についてたずねる

2.業界でのシェアをたずねる

3.会社の主力製品をたずねる

4.生産能力をたずねる

 

4.生産能力をたずねる

What's your monthly productive capacity for this model?

アズマ:相沢さん、他にはどんな表現を知りたいですか?

 

相沢:そうですねえ。生産能力について聞くこともあるんですけど、どうやって聞いたら良いですか?

 

アズマ:そういうときは、例えば、こんなふうに言うといいですね。 What's your monthly productive capacity for this model? この製品の月産能力はどれくらいおありでしょうか? という意味です。

相手会社の生産能力について「この機械の月産はどれくらいですか?」と尋ねるときの表現です。「毎日何台くらいですか?」と日産をたずねるときには、「monthly」「daily」に置き替えてください。さらに、「一週に」ならば「weekly」、「一年に」ならば「annual」、または「yearly」と言うといいでしょう。

また、「販売能力はどれくらいですか?」と尋ねるときには、「What's your sales capacity for the model?」と言います。「capacity」は他に、「収容能力」という意味があり、「This room has a seating capacity of three hundred」、「この部屋には300人座れます」というふうに言います。

 

相沢:月産、日産とか置き換えるだけで、便利に使える表現ですね。「Capacity=収容能力」も覚えておいた方がいいな。アズマ先生、きちんと相手に伝わるような正しい発音方法を教えてください。

 

アズマWhat's your monthly productive capacity for this model? ですと、強めに発音するところは、「What's」、「monthly」、「productive」、「capacity」、「model」の5か所です。「monthly」[mʌ́nθli]では[θ]の音に注意しましょう。

 「model」[mɑ́dl]の発音が日本語式の「モデル」にならないよう注意してください「model」はネイティブの発音ですと、最初の部分を思い切り強め、「デル」のところはむしろ「ドゥー」のように聞こえます。声は最後で下げるといいですね。

 

◆工場視察の際の、取引先社員と相沢さんの会話◆

相沢:Do you have overseas plants as well? /海外工場もあるんですか?

社員:Yes,we have one in Korea and two in America.We're building another in Mexico./はい、韓国に1つと、アメリカに2つ。今、メキシコにもう1つ建設中です。

相沢What's your monthly productive capacity for this model? /この製品の月産はどのくらいですか?

社員:This one is manufactured only for the domestic market,so let me see...it would be approximately fifty thousand./これは国内市場用のみに製造されていまして、ええっと、約50,000台だと思います。

 

最後に

ビジネス英語を身につけるには、このようにシーンを想定した実践練習が一番の近道。マンツーマンで会話を中心にビジネス英語を学びたいという方は、一度アイザックの無料体験レッスンへお越しください。