社内公用語 英語企業で すぐ使える「会社訪問での英語表現」1

すぐ使える「会社訪問での英語表現」元NHK英会話講師が明日から使えるビジネス英語を紹介します。発音のポイントも合わせて今回ご紹介するのは、このシーンで使える4フレーズ!

1.販売網についてたずねる

2.業界でのシェアをたずねる

3.会社の主力製品をたずねる

4.生産能力をたずねる

 

1.販売網についてたずねる

What are the major channels of distribution?

相沢:来客の対応もビジネスマンとして大切にしないといけないことですが、反対に他の会社を訪問したときもきちんと振る舞わないといけないんですよね。だけど、まだ赴任してから他の会社に一人で訪問したことなくて・・・・・・。

 

アズマ:もしかして、今度一人で会社訪問することになったんですか?

 

相沢:そうなんです! 取引先の会社だから粗相のないようにって念を押されたんですけど、会社訪問のときに役立つ英語の表現を教えてください。

 

アズマ:そういうことでしたら、お安いご用です。取引先の会社に訪問するということは、その会社のことをもっと知ることができるチャンスです。その会社について色々なことを尋ねるときの表現を教えますね。

例えば、どんな流通をとっているのかについて聞く場合は、このように言います。What are the major channels of distribution? 御社は主にどんな流通をおとりになっていますか? という意味ですね。

「どういうルートで商品を一般消費者の手に渡しているのですか?」とか、「販売ルートはどのようになっていますか?」などとたずねるときの表現です。日本語では、ルートという言葉を用いますが、英語では「販売ルート」のことを、sales routeと言っても通じません。

「国内では」と聞くのは、at homeと付けてもいいでしょう。「外国では」なら、abroadまたは、in other countriesなどです。ちなみに、「販売戦略」は「sales strategy」といいます。

 

相沢:へえ。ルートって言っても通じないんですね。アズマ先生、この表現でちゃんと通じるように、正しい発音を教えてください。

 

アズマWhat are the major channels of distribution? の、意味の上で大切なところは、「What」、「major」、「channels」、「distribution」の4か所で、そこをひときわ強く発音します。channels[tʃǽn(ə)lz]の発音が日本語式の「チャンネルズ」にならないように注意しましょう。

ネイティブの発音ですと、「チャ」のところがひときわ強く、全体に「チャノーズ」のように聞こえます。それを意識してください。「Whatare」も [wɑ́tə]と一語のように発音してください。声は最後で下げるといいですね。

◆取引先の社員と、会社の流通について尋ねる相沢さんの会話◆

相沢I'm more concerned with your domestic marketsWhat are the major channels of distribution within the country? /御社の国内市場により関心をもっているのですが。国内では主にどういう流通をおとりになっているのですか?

社員We are totally on what we call the chain store" system./いわゆる「チェーンストア」方式に、完全に依存しております。

相沢You mean there's no wholesale process in between? /といいますと、途中に問屋の段階がないということですね?

社員That's correct./はい、そうです。

 

2.業界でのシェアをたずねる へ続く>>