社内公用語 英語企業で すぐ使える「交渉の英語表現」1

すぐに使える仕事英語「交渉の英語表現」英語表現を、元NHK英会話講師が解説します。絶対伝わる英語フレーズ、いまから一緒に覚えていきましょう。今回お伝えするのは、この3フレーズ!

1.相手に再考を頼む

2.責任者を知りたいとき

3.仕事の条件についてたずねる

4.話の内容を具体的にたずねる

 

どれも使いやすい定番フレーズですね。定番で簡単だからこそ、いま完璧に覚えてしまうことをお勧めします。さあ、一緒に覚えていきましょう。

 

1.相手に再考を頼む

I know it's difficult,but I'd appreciate it if you could.

アズマ:相沢さん、赴任先のオフィスでの仕事はどうですか?英語の表現もだいぶ使えるようになってきましたか?

 

相沢:赴任当初よりは、少しずつですけど、コミュニケーションが円滑になるようになってきました。でも、また難しいことがあって……。

 

アズマ:また新たな壁が出てきたということですか。難しいことというのはどんなことですか?

 

相沢:取引先の人に交渉をするのが難しいんです。例えば、その人が提案してきたことに対して、もう一度考え直してくれませんか?というときに使える英語の表現ありませんか?

 

アズマ:それでしたら、こういうのがいいですね。I know it's difficult,but I'd appreciate it if you could.むずかしいのを承知していますが、そこを何とかお願いできましたら、という意味です。

「たいへんでしょうがなんとか」とか、「~していただければたいへんありがたいのですが」と,無理を承知で頼みこむときの表現です。この後半部,「I'd appreciate it if ~」の形を用いていろいろと表現できます。

例えば「もう少し割引きしていただければありがたいのですが」と言いたいなら、「I'd appreciate it if you could give me more discount on this」となります。「双方の利益のために」と言い足すなら、「~ for the sake of your benefit as well as mine」ですね。

 

相沢:へえ。こんなふうに伝えることができるんですね。きちんと相手に伝わるような、正しい発音方法を教えてください。

 

アズマ:I know it's difficult,but I'd appreciate it if you could.という文章で、強く発音する所は、「know」、「difficult」、「appreciate」、「could」の4か所です。「difficult」で少しポーズを取ると、相手も聞き取りやすくなります。そして、「appreciate‿it‿if」のところは、[əpríːʃieititif]と、一つの単語のように言うことが大切です。

 

◆会話の文脈から英語フレーズを覚えましょう◆

相沢:We'd like to plan an order for one thousand units of this component./このコンポーネントを1000個注文したいのですが。

社員:You mean catalogue No.2158?/カタログ番号No.2158のことですね?

相沢:Yes.And we need them immediately.Could we get them delivered this afternoon?/はい。それで至急ほしいのですが,今日の午後に届けてもらえますか?

社員:Well,we wish we could,but ..../いや,そうできたらいいのですが,しかし……。

相沢I know it's difficult,but we'd appreciate it if you could.We're completely out of stock at the moment./むずかしいのは承知していますが,そこを何とかお願いできませんか。今、全然在庫がないんですよ。

 

2.責任者を知りたいとき へ続く>>