社内公用語 英語企業で すぐ使える「オフィスでの接客英語表現」3

前回の記事はコチラ

1.     来客に待ってもらう

2.     お茶をすすめる

3.     案内する

 

 

3.案内する

Let me show you around the plant.

相沢:アズマ先生、自分の会社の工場を得意先の方に案内する場合、どんな表現を使えばいいですか?

 

アズマ:そうですね。例えばこんな表現があります。Let me show you around the plant.工場をご案内しましょう、という意味ですね。

お客様や得意先を、会社や工場などに案内するとき、「~へご案内しましょう」とか、「~を一回りお見せしましょう」と言うときの決まり文句です。

自分の家の中を見せるときにも同じ表現を使って、Let me show you around my houseとなります。

「~にお連れしましょう」と言うときには、Let me take you to ~となります。

また、簡単に「こちらへどうぞ」と案内するときには、This way,pleaseとか,Please come this wayになります。

 

相沢:なるほど。この決まり文句さえ覚えれば、案内する場所が違っても安心ですね。発音はどんなふうにすればいいですか?

 

アズマLet me show you around the plant.の場合、強めに発音するところは、「Let」、「show」、「around」、「plant」と比較的多くあります。

なので、文全体を発音するスピードはややおそめになります。around[əráund]は最初の[ə]はほとんど聞こえないように発音します。日本語の「アラウンド」とならないように注意しましょう。

 

plant[plænt]の[æ]の発音は口を大きく開け舌を下げ、のどの奥からしっかり出しましょう。声の調子は、最後で下げるといいですね。

 

Letmeshowyouaroundtheplant.
●↓
◍● ↓

 

◆会話の文脈からフレーズを覚えてみましょう◆

来客:Is your plant near here? /おたくの工場はこの近くですか?

相沢:Yes,it's within walking distance.Let me show you around it now./はい、歩けるところにあります。じゃ,工場の方へご案内いたしましょう。

来客:Oh,thank you./それは,どうも。

相沢:I'd like you to meet Mr.Iwai,head of the plant.If you have any technical questions,please ask him./工場長の岩井と会っていただきたいのですが、技術的な質問がありましたら、どうぞ岩井にお聞きください。

 


相沢:来客の応対も大事な仕事なので、きちんとした表現で話せるよう頑張ります!

 

アズマ:応援していますよ。英語の表現を声に出しながら、何度も練習してみてくださいね。